投資に興味があるならみんなで大家さんから始めよう

複数の人による不動産投資

模型と男性

利用の仕方

みんなで大家さんは資産運用を目的とした不動産投資で、1つの不動産物件を複数の人で投資を行っていく内容です。つまり、複数の人から投資額を集めて利回りによって分配金を得るので、初期費用が少なくて済みます。また、不動産管理もみんなで大家さんを運営する側に一任できるため、労力がともなうわけではありません。不動産投資は十分な初期費用が求めらる場合が多いですが、みんなで大家さんであれば多額な初期費用を用意しなくても始められます。このようなメリットから、みんなで大家さんは多くの人たちから注目された不動産投資となっているのです。みんなで大家さんを始めるためには、資料請求をしたうえで内容をよく理解し、公式サイトから仮申し込みをしていくことができます。仮申し込みでは、身分を証明する内容の他、希望の商品の口数を入力していきます。申し込んだ後はみんなで大家さん側から連絡が入るので、投資額の支払い後に分配金を受け取る権利が発生することになります。ちなみに、みんなで大家さんを投資する期間は3年で、その期間が経つ前に最終分配金と投資した額の出資金が返還されます。こういった内容をよく理解してから、分からないことがあれば質問をするなどして始めなければいけません。みんなで大家さんで必要な投資額は、だいたい1口100万円くらいです。これを1人の人が行うとなると、最低でも500万円以上は必要となります。これだけ初期費用の負担が抑えられる点は魅力的ですが、決して安くはない額となるので、余裕をもって用意する必要があります。

模型を持つ人

賃貸不動産を賢く儲ける

核家族化や少子化が問題になっている近年、賃貸契約の際に保証人を用意することが難しくなっています。そんな時便利なのが、家賃債務保証会社です。保証人を代行してくれるので、借主はスムーズに入居することができます。また、万が一家賃を滞納しても代わりに支払いが行われるので、貸主としても嬉しいサービスだといえます。

婦人

正しい知識を身に付けよう

サブリースは不動産投資やマンション経営における空室リスクに一定の効果を発揮します。その仕組みをきちんと理解しておけば、有力な選択肢ともなり得ます。まずは、サブリースに関する正しい知識を身に付けておきましょう。

集合住宅

選択肢を広げよう

自己利用の可能性も視野に入れてマンション経営をすると、空室リスクがそれほど怖くなくなります。子供が大学へ進学した際の住まいとして利用することもできますし、本人のセカンドハウスとして利用することもできます。