投資に興味があるならみんなで大家さんから始めよう

選択肢を広げよう

集合住宅

マンション経営は副収入を得るために行うものと考えている人が多いですが、将来の自己利用も視野に入れておくとよいです。例えば、子供が大都市の大学に進学するにあたって1人暮らしを始める際の住まいにするためにあらかじめ買っておくといった場合や、セカンドハウスとしての利用をするといった場合です。このような自己利用も視野に入れておくと、空室リスクを必要以上に恐れることがなくなります。株式投資の場合には、株価が低迷したからといって、他に代用することはできませんが、マンション経営であれば、最終的に自己利用をし、再び入居者が決まったら出ていけばよいのです。つまり、自分のためにも、他人のためにも利用することができるという点がマンション経営のメリットと言えます。また、自己利用も視野に入れておけば、物件選びの際にも、より良い投資物件を買っておこうという意識が働きます。そのことが結果的に優良物件を選ぶことにも繋がります。「自分が住むなら」という視点が、入居者のことを考えたサービスに繋がっているのです。なお、当初は自己利用をして、転居に伴い、マンション経営に切り替えるというのも魅力的な選択肢です。大家自身の居住用としての物件購入であれば、住宅ローンを使える可能性があり、マンション経営のためのローンよりも金利を抑えることができます。もちろん、他人に貸し出しをしたタイミングで不動産投資ローンに切り替わりますが、ローン残高が多い当初は低金利の恩恵を受けることができます。