投資に興味があるならみんなで大家さんから始めよう

正しい知識を身に付けよう

婦人

不動産投資やマンション経営をする際にサブリースを利用することで空室リスクを回避することができます。しかし、サブリースについては正しく理解されていないことも多く、トラブルになっているケースも少なからずあります。正しい知識を身に付け、不動産投資における空室対策の選択肢の1つとしておけば、収入アップにもつながります。サブリースとは、サブリース会社による転貸を認めることを条件に、オーナーの保有物件をサブリース会社に借り上げてもらうシステムのことを言います。サブリース会社に借り上げてもらうためには、まず、問い合わせをして現地調査をしてもらう必要があります。この現地調査により賃料が査定されます。なお、対象となる物件が空室である場合と入居中である場合には対応が異なります。対象物件がすでに入居中であれば、翌月から賃料が振り込まれます。一方で、対象物件が空室の場合には、契約日から数ヶ月間の免責期間を設けられている場合が多いです。この免責期間中は賃料が発生しません。また、資産価値を上げるためにリフォームの提案をされることがあります。サブリース会社に提案されたリフォームを行った場合には、リフォーム後の査定家賃をベースに保証家賃を決めることが多いです。査定家賃は周辺相場や物件の状態を参考に決められることが多いです。もしも、査定家賃に納得がいかない場合には、サブリース会社と交渉をしてみるか、他のサブリース会社をあたってみるとよいです。