投資に興味があるならみんなで大家さんから始めよう

賃貸不動産を賢く儲ける

模型を持つ人

賃貸不動産で損しない

余裕のある資金を上手く運用して資産を増やす方法として、昔も今も不動産投資が人気です。中でも人気のある不動産投資として賃貸アパートやマンションへの投資があります。空き室を減らして常に借り手がいれば毎月安定した収入が得られます。安定して住人を確保するためには住環境を良くすることも大切ですが、それ以外で保証人の問題を解決することも大切です。最近は核家族化や少子化が進み、親族に保証人を頼める人が少なくなり、賃貸の契約も難しくなっています。この問題を解決してくれるのが家賃債務保証会社です。家賃債務保証会社とは連帯保証人がいない借り手に対して保証人を代行してくれる会社のことです。家賃債務保証会社を利用するメリットは、貸し主にとって家賃の滞納というトラブルを回避できるところです。家賃の滞納があれば家賃債務保証会社が肩代わりしてくれるからです。また今まで家賃を滞納している住人がいれば貸し主自らが催促しなければならず大変でしたが、家賃債務保証会社と契約すれば、そちらで催促してくれるというメリットもあります。借り主にとっても当然連帯保証人を探さなくて良いというメリットがあります。高齢者で身寄りがいない人には大変有り難い制度です。このように家賃債務保証会社を利用することは、貸し主と借り主両方にメリットがありますが、最も大切なのは安定した収入のある真面目な借り主に入居してもらうことです。そのためにはこのような制度を含めてより良い住環境を整えることが大切です。